「氣」の力を利用し、衣・食・住や行動など、
「自分の環境すべてを使って運を開いていく」のが、現代の風水です。

風水とは

「気乗風則散 界水則止 古人聚之使不散 行之使有止 故謂之風水」

気は風に乗れば則ち散り、水に界せられば則ち止る。古人はこれを聚めて散らせしめず、
これを行かせて止るを有らしむ。故にこれを風水と謂う。

-葬書(郭璞)より-

「大地の気は風によって散り、水にて止まる。」

古代中国の、有名な古典の一説で、これこそが風水の由来であり真理です。
よい「氣」を取り込むためには、風と水を操るということです。
そしてこれは、「蔵風聚水(ぞうふうじゅすい)」という風水の中心となる考えを示しています。

山川豊.jpg風に乗った「氣」は、上空に上がり”散り”ます。
雲となり、後に雨に混ざって降り注ぎます。
地上に戻ってきた「氣」は、海・川・湖など、水が集められるところへ”止まる”のです。

この水が止まる場所で、唯一”常に巡っているもの”があります。

それは「川」です。

昔、川辺は他の土地に比べ、とても繁栄しました。
有名な「ナイル川、インダス川、チグリス・ユーフラテス川」は、大きな文明を歴史に残しています。

そして、中国では「黄河」文明の頃、既に風水を取り入れられていました。
古代の学者は、それを熟知しており、都などを建設する際に使う風水を作り上げたのです。

家と花.jpgしかし、現代の環境では、便利さを追求し、自然も減ってしまった為に、
風水に優れた土地が無くなってきてしまいました。
そこで、人が生活する住まいを見てを判断し、生活を良くする為の風水が主流になりました。

都市や住宅を作る上で、風による影響を調整し、水を活用することは、現代に おいても重要な条件のひとつです。

「氣」の力を利用し、衣・食・住や行動など、
「自分の環境すべてを使って運を開いていく」
いわば、現代の風水は、「開運のための環境開運学」なのです。


風水の基本となる五行説

風水では、自然界に存在するすべてものに「生命エネルギー=気」があると考えます。
その「気」を住まいに呼び込み、体のなかに取り入れて、調和しながら生活することを基本としています。つまり、いい気がたくさん入ってくればその人は幸せになれるし、悪い気が入ればその人は悪い影響を受けてしまうということです。

その風水を実践するうえでの基本となるのが「五行説」。五行説では、自然界に存在する万物は「木」「火」「土」「金」「水」という5つの要素で成り立ち、すべてが5つのどれかに属するとされます。
5つの要素はそれぞれ異なる特徴を持ち、お互いに影響し合っています。

互いが助け合う関係が「相生」、互いに反発し合う関係が「相克」です。
この法則をふまえて、バランスよく取り入れていくことが、風水で幸運を引き寄せる秘訣です。

ill-soushou.jpg「相性」いい影響を与え合いながら、永遠に循環する関係ill-soukoku.jpg「相克」悪い影響を与えてしまう関係